観光名人ブログ from 沖縄

「人に会いに行く」旅の文化を創りたい。

【旅のコラム】小笠原諸島・母島に行って思ったこと

観光名人ブログ

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

本日は

小笠原諸島・母島】

に行ったときの話です。

私が19番目に上陸した離島です。

 

★前回の記事★

www.wwwkankomeijin.com

 

私はこれまで小笠原諸島

計7回

足を運んでいます。

 

小笠原諸島には30余りの島々がありますが

一般人が上陸できるのは

父島と母島のみ。

 

私は母島には1回しか行ったことがありません。

それは母島よりも

父島の方が好きだから

です(笑)

今回はその理由を綴りたいと思います。

 

f:id:beautifuldreaman:20200111070322j:plain

 

母島に行ったのは2017年の年始のこと。

半年ぶり2回目の小笠原諸島の旅 のことです。

 

※残念ながらこの時の写真は

ほとんどなくなってしまいました。

今回は文章が中心になってきます。

 

私が父島派の理由はいたってシンプルです。

母島はほかの離島と変わらない

からです。

 

日本の離島といえば

①不便・何もない

②お店もいつやっているか分からない

③だから静かで人が少ない

④きれいな海と自然がある

 

などの共通点があります。

 

母島はこれに

ちゃんとあてはまるのです。

 

f:id:beautifuldreaman:20200111070658j:plain

 

①不便・何もない

定期船おがさわら丸は父島までの就航です。

母島に行くには父島で

ははじま丸に乗り換えなければならないのです。

 

東京ー父島 24時間

父島ー母島 2時間

 

小笠原諸島の旅は基本的に6日間必要です。

最短で母島へ行くにしても…

 

初日:東京・竹芝桟橋 11時発

2日目:父島 11時着(乗り換え)13時半発

    母島 15時半着

(2020年1月現在)

 

という感じで28時間 かかるのです。

 

www.youtube.com

 

2日目は父島で1泊して

3日目~5日目にかけて母島に宿泊または

日帰りすることも可能です。

 

船の料金も父島からの往復で

9000円くらいします…

 

私は2日目に母島に泊まり、

3日目と4日目は父島に泊まりました。

 

夕方に母島に着いてまずは宿にチェックイン。

宿は「母島ユースホステル」です。

 

 

②お店もいつやっているか分からない

宿にチェックインして原付を借りました。

母島の北端「北港」を目指します。

 

f:id:beautifuldreaman:20200111071631p:plain

そこまでの道のりは 山。

集落は港周辺のみで、

そこにある商店や飲食店も

いつ開いているか分からない

という話を聞いていました。

素泊まりだったので

飲み物や食料を持参していました。

これは離島あるあるです。

 

 

③だから静かで人が少ない

おがさわら丸は繁忙期でも800名程度の乗船。

そのほとんどの方が3泊4日を父島で過ごします。

母島に行く人は少なめです。

 

f:id:beautifuldreaman:20200111072042j:plain

 

私が母島を訪れたときは

島の成人式がありました。

これには観光客も参加OK。

ちなみにこのときの新成人は2名でした(笑)

 

 

④きれいな海と自然がある

世界自然遺産ですからね !

これは間違いありません。

母島滞在2日目はまず、母島の最高峰、

乳房山(標高:462.6m)

に登りました。

で、そのあとに島の南端にあたる

小富士

の散策もしました。

 

f:id:beautifuldreaman:20200111071718j:plain

 

こうした絶景もまさに

ひとり占め

出来るのです。

 

あとは、母島といえば

が大変綺麗(らしい)です。

 

母島には1泊2日したのですが

月が大変綺麗で

星はほとんど見えませんでした…

 

www.youtube.com

 

以上、4つの特徴をご紹介しました。

繰り返しにはなりますが、

こうした特徴は意外と

日本の他の離島にも

共通しています。

 

私はそれを知ってしまっているので

父島がいいなぁ

と思うのです。

 

f:id:beautifuldreaman:20200111071221j:plain

 

父島の場合は

①不便・何もない

→ 港周辺は大変便利です。

 24時までやっている商店もあります。

②お店もいつやっているか分からない

→ お店そのものが多く密集しているので

 もし行きたかったお店が開いていなくても

 困ることはありません。

③だから静かで人が少ない

→ 父島は大変賑やかで活気があります。

④きれいな海と自然がある

→ これは間違いないです。

 イルカツアーなどはほとんど父島から出ています。

 

といった感じで、

他の離島と雰囲気が全く異なります。

 

f:id:beautifuldreaman:20200111072125j:plain

 

ただ、これは完全に私の主観です。

母島派

の人もたくさんいます。

その「果て感」を味わうには堪らない地です。

 

ということで今回はここまで。

 

☀上陸した島☀
No.19 母島(東京)

 

本日もありがとうございました。

 

SNS本日の結果】

Twitter 876人(前日比+11) 

Instagram 1398人(前日比+6 )

Youtube 9371回 (前日比+74)

 

~移住2年目 23日目終了~