観光名人ブログ from 沖縄

「人に会いに行く」旅の文化を創りたい。

【旅のコラム】父島に残る戦争の跡 ~はじめての小笠原諸島 旅行記 その12~

観光名人ブログ

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

本日は

【はじめての小笠原諸島旅行記】その12

をお届けします。

 

★前回の記事★

www.wwwkankomeijin.com

 

引き続き、父島を1周するため

夜明け道路を原付で走り、

初寝浦展望台までやってきました。

駐車場のそばにはこんな銅像が立っています。

 

f:id:beautifuldreaman:20191213054743j:plain

 

昔、小学校などに置かれていたという

二宮金次郎の像です。

歩きスマホやながらスマホ

社会問題になっている昨今ですが、

歩き読書はその先駆けといえるのではないでしょうか(笑)

 

それは置いといて…

 

よく見るとこの像、

首がありません。

首は父島にいた米兵が持って帰ったと言われています。

 

父島は終戦の1945年から1968年まで、

米軍の統治下にあったのです。

 

f:id:beautifuldreaman:20191213055405j:plain

初寝浦展望台に行く道の途中にも

 

1941年12月8日、

ハワイの真珠湾に日本軍が奇襲を仕掛けたことで

太平洋戦争がはじまりました。

 

ただ、その後の戦いは

全て今の日本本土からは離れた遠い南の島で行われていたため、

人々の暮らしに大きな変化はなかったようです。

しかも、流れてくるのは

勝利のニュースだけ。

 

誰もが「日本軍は強い」と信じていましたが、

戦況は次第に悪化。

小笠原諸島の島民は全員、

内地に疎開するよう命令が出されたました

 

f:id:beautifuldreaman:20191213060059j:plain

防空壕は島の至る所にあります。

 

合計で30以上の島々がある小笠原諸島ですが、

現在、一般人が住んでいるのは父島と母島のみ。

かつては色々な島に人が住んでおり、

小笠原諸島全体でおよそ7000人が住んでいたのですが、

この「全島民疎開」以降、

父島と母島以外の島々は基本的に

現在まで無人島になっています。

 

f:id:beautifuldreaman:20191213060819j:plain

 

小笠原の南方にあるグアムやサイパンも陥落し、

1945年2月

いよいよ米軍が小笠原諸島のひとつ

硫黄島へとやってきました。

 

この小さな島で日本軍と米軍の

およそ1か月にも及ぶ激しい戦いが行われました。

2万人以上の日本兵が亡くなった一方で、

米軍の戦死または負傷した方の数は、

日本軍のそれを上回っています。

 

f:id:beautifuldreaman:20191213062050j:plain

 

太平洋戦争でも屈指の激戦は

硫黄島からの手紙

という映画にもなったことで、

「いおうとう」という名前を知っている人も

多いような気がします。

 

硫黄島は現在、

島全体が自衛隊の基地になっており、

一般人はもちろん、

元島民の方でも上陸が認められていません。

 

父島や母島で地上戦はありませんでしたが、

現在でもそうした戦争の跡は

山にも海にも残されています。

 

f:id:beautifuldreaman:20191213062631j:plain

コペペ砲台

父島にも空襲は襲い、

多くの日本兵の方が亡くなっています。

戦争が終わっても、しばらくの間は

欧米系島民以外の帰島は許されませんでした。

 

f:id:beautifuldreaman:20191213063724j:plain

 

米軍統治下の時代、

米軍は自分たちの施設周辺以外には手を付けなかったそうです。

 

そのため、戦前に暮らしていた人々の生活によって

破壊された植生や生態系がこの期間に回復し、

そうした自然が現在の小笠原を支える

観光資源にもなっているのです。

 

小笠原の美しい自然の裏には悲しい歴史があります。

 

現在も島に残る戦争の跡をたどる

「戦跡ツアー」もあるので

興味のある方は参加されるのがおすすめです。

 

ということで今回はここまで。

 

本日もありがとうございました。

 

SNS 本日の結果】

Twitter 804人(前日比+6) 

Instagram 1316人(前日比-2)

Youtube 7357回 (前日比+40)