観光名人ブログ from 沖縄

「人に会いに行く」旅の文化を創りたい。

【島旅】渡名喜島旅行記 その7~日本じゃないみたい~

旅バカ日誌~旅の記録~

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

早速、本日も綴っていきたいと思います。

 

今回は

渡名喜島旅行記」その7

をお届けします!

 

★前回の記事★

www.wwwkankomeijin.com

 

前回「大本田展望台」にたどり着き、

今度は島の向こう側を目指します。

 

f:id:beautifuldreaman:20191210050447j:plain

 

前回もご紹介した

「日本のブルーホール」。

 

少し進むと道端に生い茂る草が開けた場所があったので

そこでしばし写真撮影。

すると前から年配のご夫婦が歩いてきました。

 

ちなみに展望台を過ぎてからは下り坂でした。

そのため年配のご夫婦は坂を上ってきたわけです。

「こんにちは~」

と挨拶を交わして…

 

f:id:beautifuldreaman:20191210051210j:plain

日本のブルーホール

 

「ここの景色すごいですよ!」

と話しかけてしまいました(笑)

 

「え、どれどれ?」

まぁ、興味は持っていただけますよね。

 

私「ブルーホールって知ってますか?」

ご夫婦「知ってるますよ~」

私「あそこブルーホールっぽくないですか?笑」

ご夫婦「わぁ~!確かに!」

 

よかったです。分かってくれたようです。

気を遣ってもらっているのかもしれませんが(笑)

ご夫婦も日帰りで島を歩いて1周するそう。

お互い「同志と会えた」ということで

「頑張りましょう!」

という言葉を交わし、その場を去りました。

 

f:id:beautifuldreaman:20191210052047j:plain

 

こうした道はワクワクしますね~

フォトジェニックで素敵な景色です。

 

f:id:beautifuldreaman:20191210052305j:plain

 

海岸沿いまで降りてきました。

山を見上げると、

このようにゴツゴツした白い岩肌が露出しています。

おそらく石灰岩の地形であると思われます。

 

f:id:beautifuldreaman:20191210052553j:plain

 

離島や田舎を歩いていると、

道端にこうした脇道や階段が伸びていることが多いです。

この道に行ってみるかどうかは割と賭けなのです。

 

というのも、まず

距離感が分かりません。

この道の先に絶景が待っているとしても

どれくらい先にその景色が分かりません。

途中まで行って「立入禁止」の看板が

かかられていることもあります。

 

そして、もうひとつ

大した絶景ではない

かもしれないのです。

 

この写真映っている看板によると

ここは「島尻毛」といい

かつては渡名喜小中学校の遠足の場所だったそうです。

今回は時間がないので行かないことにしました。

 

ちなみに、以前宮崎県に行ったとき、

こうした脇道に入ってイノシシと遭遇しました(笑)

 

f:id:beautifuldreaman:20191210053441j:plain

 

この景色は完全に外国です。

ここが「日本である」という証明が出来ませんね。

もちろん渡名喜島なのですが、、、

 

f:id:beautifuldreaman:20191210053627j:plain

 

面白い形をしたヤシの木です(多分ヤシの一種です)。

はじめて見たフォルムです。

 

f:id:beautifuldreaman:20191210053817j:plain

 

振り返るとこんな感じです。

人が住むような家や建物はもちろん、

電柱さえありません。

 

繰り返しになりますが

ここが日本である」ということが証明できないのです。

そしてそれが島の魅力のひとつでもあります。

 

ということで今回はここまでにします。

 

本日もありがとうございました。

 

SNS 本日の結果】

Twitter 786人(前日比+3) 

Instagram 1302人(前日比+4)

Youtube 7225回 (前日比+53)

 

~沖縄移住346日目、終了~