観光名人ブログ from 沖縄

旅 ×移住 × 思い出 を綴るブログです。

【島旅】伊平屋島旅行記 その16 最終回

旅バカ日誌~旅の記録~

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

今回で2か月に渡ってお届けしてきた

伊平屋島旅行記」も最終回です。

この旅の時は夏でしたが、

沖縄も朝晩はすっかり冷え込む季節になりました。

 

★前回の記事★

www.wwwkankomeijin.com

 

島の北の部分も巡り終え、港まで戻ってきました。

徒歩だと絶望するような距離を移動しました、

自転車だとあっという間です。

 

f:id:beautifuldreaman:20191107055539j:plain

 

この写真の左に信号が映っていますね。

これがこの島で唯一の信号機です。

 

離島の信号機は

安全を確保するためというよりは教育のためで

学校の前に1つだけ設置されている場合が多いです。

 

f:id:beautifuldreaman:20191107055939j:plain

 

ご覧のとおり車も人も通っていません。

島の北側を巡っている間も、

誰一人としてすれ違うことはありませんでした。

 

f:id:beautifuldreaman:20191107060247j:plain

 

まだ船が来るまでは時間がありますが、

疲れたので自転車を返し、

港で時間をつぶすことにしました。

 

f:id:beautifuldreaman:20191107060456j:plain

 

港のお土産屋さんにて。

「HAKATA CARAMEL SAND」

美味しそうですね。

ただ、博多があるのは福岡県。

伊平屋島の黒糖を使っているお菓子だとしても、

島のお土産としては「うーん」という気もします。

 

f:id:beautifuldreaman:20191107060742j:plain

 

港にある食堂。

「島うどん」「マグロカレー」

「チヌマン(テングハギのことです)ワタジューシー」

といった、こちらは島ならではの料理が並んでいます。

 

そしてそのお値段は驚きの

500円。

これは安いですね。

食べようか本気で悩みましたが断念。

 

結局この日の私の昼食はこちら。

f:id:beautifuldreaman:20191107061134j:plain

 

こちらの飲み物1本を自動販売機で購入。

130円か150円だった気がします。

旅をするときはいつもこんな感じです。

 

f:id:beautifuldreaman:20191107061339j:plain

 

待っている間はぷらたびの記事を執筆。

ここでもWIFIが飛んでいるので便利です。

沖縄は世界中から人が集まる観光地とあって、

生活をしていても、

至る所でWIFIを繋ぐことが出来るので、

とても便利で助かります。

 

★参考:ぷらたびで私が執筆した記事★

platabi.com

 

そうしているうちに船がやってきました。

 

f:id:beautifuldreaman:20191107061938j:plain

 

滞在時間およそ24時間。

想像していたよりも過酷な旅になりました(笑)

その原因は「暑さ」「雨」、そして「野宿」です。

 

f:id:beautifuldreaman:20191107062241j:plain

さらば伊平屋島

沖縄に来てからずっと

「キャンプしたい(テント張るだけ)」

と思っていたのですが、

電気がなかったので

陽が沈んでからは何も出来ないのが辛かったですね。

 

f:id:beautifuldreaman:20191107062612j:plain

ベタベタのなぎなぎです。

友人がいたり、星が見えたりすれば別ですが、

ひとりで雨が降っていて、

しかも夜ご飯も用意していませんでしたので(笑)

 

しばらく野宿はいいかなという感じです。

やるとしても車中泊ですね。

 

 

www.youtube.com

 

そんな過酷な伊平屋島の旅でしたが、

何よりも「伊平屋ブルー」は大変美しく感動でした。

そのブルーを動画にしてみました。

写真よりは伝わるのではないかと思います。

 

ということで

伊平屋島旅行記

ご覧いただきありがとうございました。

 

【フォロワー1000人】目指す!

本日の結果

Twitter 673人 Instagram 1207人

 

~沖縄移住314日目、終了~