観光名人ブログ from 沖縄

旅 ×移住 × 思い出 を綴るブログです。

【旅のコラム】はじめての小笠原諸島 旅行記 その4~ちょっとワクワクする~

観光名人ブログ

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

本日はさっそく本題に入っていきます。

テーマは【はじめての小笠原諸島】です。

 

そもそもなぜ私が

小笠原諸島に興味を持ったのか」という点については

先日ツイートさせていただきました。

f:id:beautifuldreaman:20191002070021j:plain

 

そしたらこんなコメントをいただきました。

 

f:id:beautifuldreaman:20191002070043j:plain

 

海外旅行に行った先で、

日本国内の旅行先をおすすめされるというのも

あまりないのではないでしょうか。

 

 

ということで、

「私が小笠原諸島にハマるまで」

を引き続き綴っていこうと思います。

 

★前回の記事★

www.wwwkankomeijin.com

 

前回までは、島の上陸したものの

ノープランなので何をすればいいのか分からず、

島にハマる要素はありませんでした。

 

○14:31

f:id:beautifuldreaman:20191002061642j:plain

 

父島のメインストリートです。

 

メインストリート沿いには

飲食店やお土産屋さんなどが立ち並びます。

 

左側に「生協」、右奥に「小祝」

と書いてある看板がありますが

これらが島にある2つのスーパーです。

 

 

○14:40

f:id:beautifuldreaman:20191002062436j:plain

 

二見港からメインストリート沿いにあります。

おがさわら丸は父島で2日間停泊します。

基本的におがさわら丸は6日に1便の運航です。

 

1日目 東京・竹芝桟橋 出港

2日目 父島入港

3日目~4日目 父島停泊

5日目 父島出港

6日目 東京・竹芝桟橋 帰港

 

上記のようなスケジュールになります。

この運航スケジュールを、島では「一航海」といい、

ほとんどの観光客が一航海で小笠原諸島にやってきます。

 

○15:14

f:id:beautifuldreaman:20191002063259j:plain

 

小笠原海洋センターまでやってきました。

ゆっくり歩いて港から歩いて約30分。

港からも見えるオレンジ色の屋根が目印です。

 

こちらでは飼育されているウミガメを

無料で見学することが出来ます。

 

ここで飼育されているウミガメは父島で生まれた子たち。

アオウミガメの繁殖地として日本一を誇る小笠原諸島

毎年5月下旬から7月上旬にかけて、

多くのウミガメが産卵のためにやってきます。

 

そうした生まれたウミガメたちを

保護・飼育・放流しているのが小笠原海洋センターなのです。

 

そしてこの日の夜、

子ガメを海に放流する体験が行われるということで

早速その場で申し込みました。

 

○15:45

f:id:beautifuldreaman:20191002064616j:plain

 

島の小学生たち。

「ランドセル文化ではないんだなぁ」

ということを発見した1枚です。

島の自然はもちろんですが、こういうのが島旅の醍醐味です。

 

 

○17:53

f:id:beautifuldreaman:20191002065114j:plain

 

夜の子ガメ放流体験が行われるビーチまで行くために

原付を借りました。

時間は17時からの24時間。

 

これによって次の日は「原付で島一周」ということも決まり、

さっそく原付を走らせやってきたのは

「ウェザーステーション展望台」。

 

父島随一の夕陽スポットで、

多くの人が集まると紹介されていたのですが

この日は2、3人しかいませんでした。

 

それもそのはずです。

実は写真のような夕陽が見えているのですが、

父島にはこのとき雨が降っていたのです。

しかし、遠くが晴れていたようで

このように夕陽が見ることが出来ました。

 

ということで今回はここまでです。

 

本日もありがとうございました!

 

【フォロワー1000人】目指す!

本日の結果

Twitter 579人 Instagram 1063人


1日1言写真日記

f:id:beautifuldreaman:20191002194348j:plain

 

~沖縄移住278日目、終了~