観光名人ブログ from 沖縄

「人に会いに行く」旅の文化を創りたい。

【沖縄の行事】糸満大綱引に行ってきた その2

南国日記~沖縄移住の記録~

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

台風18号が沖縄に接近していますね~。

しかし、今回は沖縄本島にそれほど影響はないようです。

 

 

 f:id:beautifuldreaman:20190930064322j:plain

 

今日も1日晴れていました。

週間天気をみても晴れ続き。

「どういうこと?」と思い、進路予想をみると

 

f:id:beautifuldreaman:20190930064346j:plain

 

沖縄本島を避けたルートを進むようですね。

いい天気が続くのは何よりです。

 

ということで、今回は

糸満大綱引に行ってきた」その2をお届けします。

 

★前回の記事★

www.wwwkankomeijin.com

 

綱引きが始まるまで

時間があったので周辺を散策していました。

 

f:id:beautifuldreaman:20190930054932j:plain

 

こちらは山巓毛(さんてぃんもう)公園の展望台です。

糸満市を一望できる高台にある公園で、もともとは拝所です。

戦時中に浴びた無数の弾痕が残る「御大典記念碑」も

そのまま遺されています。

 

f:id:beautifuldreaman:20190930055530j:plain

 

会場では綱引きの前に「道ズネー」という、

いわゆるパレードが行われています。

この写真ですが、綱引の綱が少年の腰掛になっていますね(笑)

 

f:id:beautifuldreaman:20190930055854j:plain

 

こちらは大きなのぼり旗をひとりで持っています。

写真にはありませんが、頭にのっけたりもしていました。

これはどこか秋田県の「竿灯まつり」と近いものを感じます。

 

f:id:beautifuldreaman:20190930061548j:plain

 

どうやら沖縄では大きなのぼり旗を使った

この演舞そのものの名前はなく、

綱引きやエイサーの時のシンボル的な存在なのだそう。

 

f:id:beautifuldreaman:20190930061738j:plain

 

他にも地域のいろいろな演舞が披露されていました。

地域といっても、糸満市内の様々な集落のこと。

集落ごとにこうした演舞があるというのは、

さすが「沖縄は芸能が盛んだな」と改めて気付かされます。

 

f:id:beautifuldreaman:20190930062140j:plain

 

歩道に置かれた「カナチ(カヌチ)」棒。

この棒が雄綱と雌綱をつなぎます。

 

雄綱と雌綱がつながると約180メートル、

最大直径約1.5メートル、

重さ約10トンにもなるのです。

 

f:id:beautifuldreaman:20190930062714j:plain

 

そうこうしているうちに時刻は17時。

まずは、開会のお言葉が読み上げられます。

 

実は道ズネーが行われている間は

ザッと雨が降ったり止んだりというような

不安定な天気でしたが、

始まるころには雨は止んでいました。

 

f:id:beautifuldreaman:20190930063200j:plain

 

優勝旗の返還です。

 

糸満大綱引では、

北組(ニシカタ)と南組(へーカタ)に分かれて

綱を引き合います。

昨年は北組が勝利したそうです。

 

f:id:beautifuldreaman:20190930063618j:plain

 

改めてここで旗が一斉に並びます。

爆竹が鳴り響き、もうなんか日本の雰囲気ではありません。

こういうの最高です。

 

f:id:beautifuldreaman:20190930063927j:plain

 

いよいよ歩道の柵に括りつけられていたひもが解かれました。

糸満大綱引が始まります!

 

というところで今回はここまで。

 

本日もありがとうございました!

 

【フォロワー1000人】目指す!

本日の結果

Twitter 555人 Instagram 1047人

 

1日1言写真日記

 

f:id:beautifuldreaman:20190930193424j:plain

 

~沖縄移住276日目、終了~