観光名人ブログ from 沖縄

「人に会いに行く」旅の文化を創りたい。

【沖縄と鉄道 その2】軽便鉄道の跡をたどる

南国日記~沖縄移住の記録~

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

下のツイートは先日セブンイレブンオープンの日に投稿したものです。

 

f:id:beautifuldreaman:20190730213203p:plain

 

フォロワーが200人もいないにも関わらず

リツイート 78  いいね 210

を記録。バズりましたねぇ。

 

そこで、同様のバズりを再び起こすべく、

ある建設中の建物の写真を撮ってきました。

 

f:id:beautifuldreaman:20190730061815j:plain

これが豊見城市豊崎に出来る大型複合商業施設です。

この中には「DMMかりゆし水族館」が入ります。

裏手は豊崎美らSUNビーチになっています。

 

今後、1か月おきくらいに記録を残していこうと思います。

 

今回はそんな成長期的なネタにあやかった内容です。

先日、こんな記事を綴りました。www.wwwkankomeijin.com

 

平成15年の那覇空港駅首里駅間での開業以来、

今年の秋、はじめて延伸するゆいレールですが、

実は戦前には沖縄にも鉄道が走っていたのです。

 

その鉄道の名前がタイトルにもある「軽便鉄道」です。

 

コトバンクによると、軽便鉄道とは

「線路の幅が狭く、

機関車・車両も小型の小規模の鉄道」

のことだそう。

 

軽便鉄道(ケイベンテツドウ)とは - コトバンク

 

勘違いしていましたね。

軽便鉄道とは鉄道の種類のひとつで路線名ではないということです。

 

沖縄の軽便鉄道の正式名称は

沖縄県営鉄道」で、通称

「けーびん」と呼ばれています。

けーべんではないのですねぇ。

 

ちなみにゆいレールも、正式名称は

沖縄都市モノレール」です。

 

その歴史を知ることが出来る資料館があることをご存知ですか?

f:id:beautifuldreaman:20190730064056j:plain

那覇の隣町「与那原町」には

かつての与那原駅舎を復元した資料館があるのです。

 

f:id:beautifuldreaman:20190730064246j:plain

入場券はこの切符です。

18銭と表記されていますが、入館料は100円です。 

 

1914年12月1日、与那原ー那覇間の9.4mが開通しました。 f:id:beautifuldreaman:20190730064317j:plain

1945年3月、沖縄戦に先立って完全に運航を停止しました。

 

資料館裏手には戦争当時から残る駅舎の柱が残されています。

平日の午後でしたが私の他にもちらほらと人はいました。

  

館内は撮影禁止なので写真はありません。

所要時間は20分ほどでしょう。

その歴史を年表などでサクッと知ることが出来ます。

 

資料館で学んだあとはフィールドワークへ。

f:id:beautifuldreaman:20190730064414j:plain

浦添市にある線路の跡です。

これといって大きな看板もないので見逃しやすいです。

そして、実際に見ても「これかぁ」という感じです(笑)

 

場所は以下の通りです。

f:id:beautifuldreaman:20190730221455p:plain

 

そして実は那覇の市街地にも跡地があります。

f:id:beautifuldreaman:20190730064500j:plain

今の那覇バスターミナル、旭橋駅のそばには

那覇駅の転車台が残されています。

f:id:beautifuldreaman:20190730064604j:plain

写真のような模型も展示されているほか、

糸満駅や嘉手納駅の写真も飾られています。


ほとんど注目を浴びることのない沖縄の鉄道ですが、

その歴史は今も実は

見える形で残されているのです。

 

【フォロワー1000人】目指す!

本日の結果

Twitter 197人  Instagram 758人

 

移住215日目終了。