観光名人ブログ from 沖縄

旅 ×移住 × 思い出 を綴るブログです。

【沖縄移住の現実】郷に入っては郷に従え?その2

観光名人ブログ

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

本日の沖縄は晴れ。

夏らしい雲が出ていて、夕方はきれいに空が焼けました。

こういうときに限ってカメラを忘れてしまうという…

 

f:id:beautifuldreaman:20190722225243j:plain

昨日見つけたオカヤドカリ

天然記念物で日本には沖縄と小笠原にしかいません。

ただ、沖縄にはたくさんいるので、

こいつらを見るたびに小笠原に行きたくなります。

 

というわけ、本日も今思っていることを綴ろうと思います。

前回の続きです。

 

前回の記事↓↓

www.wwwkankomeijin.com

 

参考にしているのはこのサイトです。

t-higashi.net

 

⑤のんびりとスローライフな生活はできない

→はい。もちろんです。

なんだかんだ日本の47都道府県のひとつ、沖縄県ですからね。

先進国の集団に、突如、発展途上国が組み込まれても

置いて行かれる一方ですよね。

私もさっき帰ってきたところです。

 

が、私的にはスローライフを送れてる気がします。

満員電車とは無縁ですし、

都会の殺伐とした雰囲気はありません。

忙しい日常の景色の中にもきれいな海がある幸せ。

f:id:beautifuldreaman:20190722230514j:plain

 

 

⑥物価は安くない

→工夫次第です。

沖縄県産品を買うようにすると安いです。

野菜などの生鮮食品は旬によりますが、

スーパーに並ぶ安い商品の共通点は県内産という点です。

また、ガソリンや電気も「安いな」という印象です。

 

ただ、田舎で聞くような近所の人から何かをもらうというは

沖縄南部への移住者にはありません。

まず、南部は極めて都会的です。

私も隣にどんな人が住んでいるのか知りません。

昔から住んでいる人は繋がりはあるでしょうが、

移住者がそうしたコミュニティに入っていくのはハードです。

 

⑦主な交通手段がクルマしかない

→その通りです。

空港から首里まではゆいレールが走っていますが、

地元民はほぼ乗りません。

バスは本島中に張り巡らされていますが、

多くの人が車で移動します。

県内の大学生も車通学が多いです。

 

「お金がない」と矛盾しているようにも見えますが…

ちなみに私は原付です。

今のところこれでも不自由はありません。

f:id:beautifuldreaman:20190722232150j:plain

 

⑧交通マナーが悪い

→びっくりしますよ(笑)

多いのは

「赤信号のぎりぎり突破」と「歩道走行」です。

 

「赤信号のぎりぎり突破」とは

信号が黄色から赤になっても突破してきます。

それが路線バスでも普通に行われています。

また、車が歩道を走っているのもよく目にします。

どちらも多分ダメだということを知らないのしょう。

 

沖縄では当たり前すぎる光景です。

 

という感じで、

半年たった今でも意識や感覚が、

内地のそれとは違いすぎて戸惑う毎日です。

が、今のところはその違いを楽しんでします。

 

沖縄移住を検討している方にお伝えしたいこと、

それは

沖縄移住=海外移住 のつもりだと思ってください

ということです。

 

【フォロワー1000人】目指す!

本日の結果

Twitter 185人  Instagram 744人

 

移住212日目終了。