観光名人ブログ from 沖縄

旅 ×移住 × 思い出 を綴るブログです。

【小笠原のはなし】小笠原諸島 返還51周年

観光名人ブログ

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

本日は朝から太陽の光がまぶしかった沖縄。

天気予報では1日中傘マークがついていましたが、

雨は降らずでした。

 

 

もうすぐ梅雨明けでしょう。

 

一方で、沖縄本島からまっすぐ東にいった先にある、

太平洋に浮かぶ小笠原諸島では晴れが続いているようです。

おそらく、もう梅雨は明けているのでしょう。f:id:beautifuldreaman:20190627190502p:plain

グーグルマップより

南の空の果て、小笠原諸島

昨日、6月26日は小笠原の返還記念日でした。

 

f:id:beautifuldreaman:20190627190655j:plain

 

写真は昨年のもの。

返還されたのは1968年なので、今年で51周年です。

 

昨年は2月、3月、そして退職した12月の計3回、

小笠原にいました。 f:id:beautifuldreaman:20190627191442j:plain

2018年2月

 

f:id:beautifuldreaman:20190627191555j:plain

2018年3月

f:id:beautifuldreaman:20190627191641j:plain

2018年12月

日数にすると計43日間。

貴重な思い出です。

 

f:id:beautifuldreaman:20190627192357j:plain

 

島にはイベントが盛りだくさんでした。

 

f:id:beautifuldreaman:20190627192315j:plain

 

下の写真は唯一行くことが出来たイベント、

9月に竹芝桟橋で行われた「小笠原の盆踊り」です。

f:id:beautifuldreaman:20190627193104p:plain

 

 

当日は雨にも関わらず、多くの人が集まり、

そして濡れながら踊るという異様な光景が広がっていました(笑)

 

ちなみに、小笠原の盆踊りは日本一盛り上がる

といわれています。

 

www.youtube.com

 

それにしても、このような熱狂はどこからくるのでしょうか。

参加しているのはほとんどが内地に住んでいる人たち。

 

知り合いが集まっているわけではなく、

「小笠原」という趣味を通じてたまたま集まった人たちです。f:id:beautifuldreaman:20190627193418j:plain

 日本全国のまちに、

こうしたファンコミュニティを作れれば強いですね。

 

観光客が文化を紡いでいくのです。

 

 

沖縄も3年後、1972年に返還50周年も迎えます。

 

そのとき私は沖縄にいるのでしょうか…?

小笠原に住んでいるかもしれませんし、

もしかしたらハワイに移住しているかもしれません。

 

沖縄と小笠原諸島

どちらも激戦を経験した地です。

 

f:id:beautifuldreaman:20190627194136j:plain

父島にて

 小笠原諸島のひとつ、

硫黄島には今も一般人は上陸することが出来ません。

 

大きな違いは

 

〇小笠原:全島民避難

(住民が巻き込まれることはなかった)

 

〇沖縄:住民を巻き込んだ地上戦

 

沖縄では「返還の日」よりも「慰霊の日」です。

この記事を書くまで

沖縄の返還日が5月15日であることを知りませんでした。

 

一方、硫黄島では

日本軍が陥落した3月23日に慰霊式が行われていますが

一般住民が住んでいる父島・母島では特に何もありません。

 

国内で、しかもほぼ同緯度の南の島でも、

その歴史、文化、そして現在、

すべてが違うなと感じます。

 

そうした違いも

今後綴っていきたいなと思います。

 

f:id:beautifuldreaman:20190627194221j:plain

 

移住187日目。終了。