観光名人ブログ from 沖縄

旅 ×移住 × 思い出 を綴るブログです。

移住の事務的な手続き その1

南国日記~沖縄移住の記録~

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

今日の沖縄はぼんやりとした朝焼けからはじまり、

 

その後しばらくは激しい雷雨。

 

まさに「夏が近づいているな」、そう思わせてくれるような朝でした。

 

今日で移住から152日。

 

5か月前の2018年12月20日は今住んでいる家に入居した日です。

 

この日の午後に埼玉から送った荷物が届きました。

 

今回はそうした事務的な移住の手続きについてご案内致します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

9月22日

私の沖縄移住が決まった日です。

目標は「年内移住」

 

10月中旬

「もう無理です。辞めさせてください。」

誰にも相談せず、職場の支店長に直接申し出ました。

(この辺もまた書けたらなと思います)

急な話だったので、一旦、休職ということで話がまとまりました。

 

11月5日

f:id:beautifuldreaman:20190520205708p:plain

沖縄へ職場下見です。旅行とは違う感覚です。

やはり、沖縄で生活・仕事をするうえでの「負の部分=現実」を考えながら

行動していたからですかね~

でも、東京に帰ってきてすぐに「沖縄に戻りたい」と思ったことが全てです。

 

 

11月12日

沖縄下見のときには家を探すことはしませんでした。

沖縄で家を借りるのはなかなか面倒だという話も聞いていたためです。

沖縄に親戚がいたり、保証人が沖縄にいなくてはならないなど、

暗黙のルールが色々とあるようです。

 

そこで考えた私の作戦は全国チェーン。

自宅近くにあった全国チェーンの不動産屋さんに足を運びました。

 

そこで私が提示した住居の条件は以下の3つです。

 

①職場まで10km以内

車を買う気はさらさらありません(高い、しかもすぐに錆びるので…)。

原付で通える範囲内の家が希望でした。

 

②バス・トイレ別

何かに対してこだわりがほとんどない私ですが、

これは譲れませんでした(笑)

 

③家賃45,000円以下

「沖縄の家賃は安い」という勝手なイメージがあったのですが、

ネットを見ているとそうでもありませんでした。

あまりに低い基準を設けて、怪しい物件を紹介されても困るので、

とりあえずの45,000円です。

 

 これらの条件に基づき探していただいたところ、ヒットしたのは2件。

 

グーグルマップで場所を確認し、海に近い方の物件に決めました。

 

10分程度でお部屋探しは終了(笑)。

 

その日のうちに契約を済ませ、

 

飛行機の値段を見ながら、入居予定日(航空券が安い日)まで決めてしまいました。

 

11月14日

入居している部屋の解約手続きをネットで済ませました。

退去は12月11日の昼。

初期の契約年数よりも短い段階での退去なので、違約金等で

およそ96,000円がかかります。

 

11月30日

東京の職場を退職しました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

うん。振り返ってみても

 

完全にノリと勢いであれよあれといった感じですね。

 

沖縄移住152日目。終了