観光名人ブログ from 沖縄

「人に会いに行く」旅の文化を創りたい。

沖縄とセブンイレブン

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

さっそくですが、この写真↓。何を建てているか分かりますか?

 

f:id:beautifuldreaman:20190423174948j:plain

 

この平屋の感じ…コンビニです。セブンイレブンです!

 

セブンイレブン、沖縄1号店。現在建設中です。(2019年4月23日撮影)

f:id:beautifuldreaman:20190423180310j:plain

 ローソンやファミリーマートはすでに沖縄にあります。

 

これで47都道府県にセブンイレブンが出店することになりました。 

 

沖縄にはセブンイレブンだけがありませんでした。なぜでしょうか。

 

調べてみると、そこにはセブンイレブンの経営戦略が影響しているようです。

 

www.sej.co.jp

 

 つまり、狭く深くがセブンイレブンの経営戦略だったのです。

 

4月にセブンイレブンは社長が交代し、沖縄にも狭く深くが導入されるようです。

 

まずは人口(住民)が多い那覇・南部を中心に14店舗が出店予定で、

 

年内に中部まで、その後5年以内に250店舗を出店する計画だそう。

 

 

沖縄に出店する大企業は沖縄○○といった形で、

 

現地法人を設立する場合がほとんどです。

 

沖縄明治・イオン琉球・ローソン沖縄・沖縄ファミリーマート などなど…

 

セブンイレブンセブンイレブン・沖縄を設立し、専用工場を建設するなど、

 

拡大に向けて現在環境整備が進んでいるそうです。

 

現地法人が設立される背景には、やはり離島という地理的な条件が影響しており、

 

食品工場の建設や物流面の構築などの課題があります。

 

そして、もうひとつ。

 

製造から販売までが沖縄で完結することで、

 

沖縄に雇用が生まれ、売り上げも沖縄に落ちることになるのです。

 

おそらくそういう仕組みでないと、内地の企業が沖縄に出店するのは困難です。

 

とにかく内地中心の仕組みに組み込まれることを嫌う傾向があります。

 

沖縄は沖縄。

 

それは、琉球処分皇民化教育→戦争→米軍統治→高度経済成長中の日本に返還

 

という沖縄の歴史が今でも、沖縄の経済に影響を与えているからなのかもしれません。

 

少し突っ込んで調べると、沖縄には色々な側面が見えてきます。

 

ちなみに、第1号店の周辺はローソン、ファミリーマート、スーパー2軒の大激戦区。

 

f:id:beautifuldreaman:20190424095551p:plain

 

さらに、となりにあるのは沖縄唯一の「コメダ珈琲」。

 

沖縄限定メニューもあるそうなので、通りがかった際には見てみると、

 

沖縄の生活を感じることが出来るかもしれません。

 

○参考

www.okinawatimes.co.jp

 

~終わり~