観光名人ブログ from 沖縄

「人に会いに行く」旅の文化を創りたい。

沖縄の夜はアジアだった

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

先日、夜の牧志公設市場周辺をぶらぶらしたことを書きました。

 

沖縄に来て5カ月でこうしたことは初めてでした。

 

外国人観光客しかいないと思っていましたが、実際はそうでもなく、

 

地元の人を中心に多くの日本人観光客がいました。

 

ただその日は夜が遅かったので閉まっている店も多く、

 

「近いうちにまた来なくては」と心に決めました。

 

その2日後、私は夕方に家を出て、沖縄特有の渋滞に巻き込まれながらも

 

公設市場にやってきました。

 

いやぁ、夜を迎え賑やかになった姿は日本ではないです。

 

アジアです。

 

f:id:beautifuldreaman:20190422233509j:plain

 

雑多にものが散らかった感じ、赤い提灯、道路に置かれたテーブル椅子席。

 

そこでワイワイとしている人たち。片隅で退屈そうなネコ。

 

いつもと変わらず夜ご飯のおかずを調達している住民の方。

 

歩いているだけでゾクゾクしてくる雰囲気です。

 

f:id:beautifuldreaman:20190422233618j:plain

 

店の看板もレトロなものばかり。

 

場所だけでなく、時代をも錯覚してしまいます。

 

テープで値段を直しているのもまたいいですね。

 

f:id:beautifuldreaman:20190422233452j:plain

 

今、那覇で大流行中の「センベロ」。

 

ほとんどのお店でセンベロメニューが用意されています。

 

1000円でお酒3杯とおかず1品を提供しているお店が多いです。

 

そんなセンベロの文化は「足立屋」という1軒のお店から広がったそうです。

 

f:id:beautifuldreaman:20190422233641j:plain

この日も多くの立ち飲み客で賑わっています。

 

私はこの雰囲気を味わうだけ。

 

運転もあるのでお酒は飲めません。

mainichibeer.jp

 

今回はこの記事を見て、Bajoというカレー屋さんに行ってみました。

 

小さな店内には女性がひとり。

 

少し気まずいですがテーブルに座りメニューを眺めます。

 

すると、記事に書いてあるようなメニューはなく、聞いてみると、

 

センベロがメインになり、カレーのメニューは減らしたとのこと。

 

普通のカレーライスとカレーうどんのみです。

 

私はカレーを食べに来たので350円のカレーを注文しました。

 

f:id:beautifuldreaman:20190422233633j:plain

 

小さなプラ茶碗に一杯。味は間違いないです。

 

女性とも少し話し、その方は沖縄移住を前提に来ていました。

 

やっぱり移住希望者は多いですね。

 

とりあえず沖縄本島、特に南部への移住はおすすめです。

 

お店を出てもう一度公設市場の周辺をぶらりして終了。

 

次は夕方からお酒を呑みながら満喫したいです。

 

○参考

travel.spot-app.jp

 

~終わり~