観光名人ブログ from 沖縄

旅 ×移住 × 思い出 を綴るブログです。

沖縄とガソリン

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

本日はJA SSの特売日。

 

仕事帰りにガソリンを入れてきました。

 

恐らく多くの沖縄県民はJA SSの特売日が土日・水曜日であることをご存知でしょう。

 

f:id:beautifuldreaman:20190403205428j:plain

 

リッター128円。

 

原付なので500円で満タンです。

 

離島だからこそ、輸送代が加算されガソリン代も高いのではと思われがちですが

 

f:id:beautifuldreaman:20190403205943p:plain

全国平均がなんと146円。

 

沖縄は全国平均より18円も安いです。

 

これは【沖縄の復帰に伴う特別措置に関する法律】の影響が大きいようです。

 

戦後復興を促進するための法律で、これは現在も施工されており、

 

ガソリン税が軽減されているのです。

 

そして、沖縄のガソリンスタンドは少し不思議です。

 

f:id:beautifuldreaman:20190403204000j:plain

 

ENEOSは全国各地にありますね。

 

でもどこか違和感がありませんか。

 

f:id:beautifuldreaman:20190403204158j:plain

 

値段が出ていないのです。

 

これは、ここのスタンドがたまたま値段を出していないわけではなく、

 

沖縄県内のスタンドは軒並み値段が出ていません。

 

少し調べてみると、その理由は「価格競争を防ぐ」ためのようです。

 

観光の方のレンタカー利用が非常に多い沖縄。

 

全てのスタンドが値段を出していない状況で、

 

ある店舗が値段を表示すると、沖縄県民にとっては日常の料金であっても、

 

内地から来た観光の方はその安さに驚くことになるでしょう。

 

そうすると、その店にお客さんが集中します。

 

値段が出ているお店と出ていないお店だったら、出ているお店に入りますよね。

 

そうした様子を見た他の店舗はさらに安い値段でガソリンを販売するようになります。

 

こうしたガソリンのデフレに対する抑止力になっているそうです。

 

ガソリンひとつから分かるように、

 

沖縄には戦争の影響が今も社会に大きな跡を残しているのです。

 

ガソリンが安いのは大変助かりますね~。

 

~終わる~